審査が甘い住宅ローンへ申し込む

審査が甘い
住宅ローン

審査が甘い住宅ローンはどこで借りる?

 審査の甘い住宅ローンも、金融機関の中にはあるそうです。今は審査が厳しくなっていますから、少しでも住宅ローン審査甘いところへ申し込みたいって考えるのは当然です。具体的な金融機関名は分かりませんが、先にも記したように甘いところがあるそうなので1社に断られても諦めずに申し込んでみるのもいいかもしれません。ただし、一定期間内に複数同時申し込みをすることはそれなりのリスクを伴うので注意した方がいいと思います。

 それというのも、住宅ローンの申し込みをするとその情報が特定のリストに載るからです。そのリストは他の金融機関も見ることが出来るので、他への申し込みが分かると、そこで断られたから自社へ申し込んだのかもしれないという風に考えられる可能性が高いです。そして、それが審査に不利になると言われています。しかし、複数同時申し込みっていうのは万が一のことを考えると利点があるのも事実です。リスクを少しでも下げる方法として、申し込んだ金融機関に複数同時申し込みをしているということ、つまり他で落ちたわけじゃないということを正直に伝えておくということも有効だそうです。言い難いことかもしれませんが、伝えておくことでリスクが減らせるかもしれません。

 住宅ローン審査甘いところっていうと、都銀、地銀、信金の順で甘くなるという話もありますが、本当かなって気もします。昔はそうだったのかもしれませんが、今はネット銀行なども参入し、色々と複雑になっている気がします。ちなみに、住宅ローン審査甘いところということではないんですが、自営業者は他の金融機関よりもフラット35の方が借り易いかもしれません。特に、赤字のある経営者は、ここが借りられる確率が高いという話も聞きます。

 自営業者の場合、過去3年程度の黒字収入が必要ですが、フラット35の場合は、少し審査の事情が違うらしいです。尚、金融機関の住宅ローン審査が甘くても、その後、保証会社を通しているところはそこが独自にチェックすることになるので、金融機関の審査が甘いということが、借り易いということになるのかなっていう疑問もあります。何故なら、保証会社の審査結果が金融機関の審査結果よりも優先されるからです。余談ですが、審査で重要視されるのは、借り入れ及び完済時の年齢。返済負担率。勤続年数。年収がトップ5だそうです。どこでもそうなのかは分かりませんが、やはり年齢というのが大事になっているらしいです。親子で返済していくタイプの商品なら年齢が高くても借りられると思います。

審査が甘い住宅ローンを借りる注意点

数年以内に審査が甘い住宅ローンを希望されている方は、ローンだけでなく仲介料などいくら必要か試算しておきましょう。

今までの口コミでもおよそ1割程度かかっているようです。

金利だけで比較してみると安いと感じる銀行もありますが、全てを合わせたら予想していた金額よりも上回ってしまい、思ったよりも費用がかさんでしまったという場合もあります。

それで手数料も合わせた総返済額がいくらになるのか、これをしっかり計算した上で比較する必要があるのです。

例えばですが、保証料や初期手数料が無料の銀行ではその他の費用でかさむ場合もあるので注意しましょう。

住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。

ローンの金利には大きく分けて固定金利・変動金利があります。

どちらを選ぶかはその人次第で、銀行から薦められる事はありません。

多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。

また、金利のタイプによって審査が違ってくる。

と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。

どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。

審査が甘い住宅ローンを申し込もうと思ったらまず、まずはローンをどこの金融機関にお願いするか決めないといけません。

銀行・ネットバンク・労金・信用金庫など住宅ローンを承れる金融機関は数多くあります。

参考:住宅ローン審査甘い銀行はどこ?

金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特に大きな物はありませんが、実店舗がないネットバンクは、各取引をネット上で行います。

わざわざ店舗に行かなくて良いのでとても人気があります。

店舗がないので色々な面で経費削減ができ、金利が低く設定できるのも特徴です。

ネットバンクは月の支払いを少しでも少なくしたい方や忙しい方におすすめの審査が甘い住宅ローンです。

これから新しく住まいを購入される方も、現在ローン返済中の方も気をつけたいのがオーバーローンにならないようにする事です。

どんな理由があっても住宅を購入するために用意されているので、それ以外の目的で利用した場合、法律違反になります。

それで、購入する物件のある程度の価格がいくらなのか?必ず確認した上で申し出を出さなければなりません。

もしも、法律違法な契約が見つかった時にはこのような契約を勧めた会社も営業出来なくなります。

メリットだけでなくデメリットにも視点をあてながら、後悔しない納得のいく選択を心がけましょう。

近い将来、自分の家を建てたいと思っている方は必ずと言ってよいほど火災保険への加入も勧められます。

月々にかかるローンだけでも高額なのに更に、わざわざ保険にお金をかけるべきかという方も少なくありません。

ですが万が一、火災で家を失ってしまった場合、少しでも節約するためといって加入しなければ、いかなる理由があっても支払いを続けなければなりません。

こうした負担を防ぐために、保険に加入することで貴方もローンを貸した側も負担を背負うことなく済むのです。

こうした場合に必要であることを、把握しておくと良いですね。

せっかくマイホームを購入したのに、返済金が残っている状態で三大疾病にかかってしまったらどうしたら良いのでしょうか。

大抵の場合、どこのローンでも団体信用生命保険に加入している為債務者がもしも亡くなった場合に自動で付帯されます。

保証内容にガン保険が入っているものもありますが、こちらから要請しないと出来ない場合もあるので注意しましょう。

ただ中には癌だと分った時点でお金が振り込まれる場合と、例として1年以上入院をされた場合に支払われるものもあります。

こうした保険は高く見えますが、思ったよりも安いのでこのような場合に備えて保険内容も確認しておくと安心ですね。

きっとこれから先もこれだけ高額な買い物はないといえる、真剣に選びたい住宅ローンをどのように選択しましたか。

近々、マイホームの為の融資を受けたいと思っている方も別の銀行で借り換えを考えている方も口コミを見てみましょう。

ランキングで今、一番上位を飾るのが新生銀行なのです。

理由は金利の安さがどこよりも優れているためです。

また繰り上げ返済時の手数料や保証料が無料で、かつキャンペーン中に申し込むと特典が沢山あります。

けれども中には悪い評価をしている方がいるのも事実です。

自分でも出来る範囲で調べてから相談してみると良いですね。

家を購入する際に役立つのが住宅ローンです。

申し込みは銀行、または信用金庫から行うのが一般的です。

受付をするときは、銀行側に様々な資料を提出します。

35年という長い期間、多額の現金を貸す訳なので銀行側も年収や勤続年数にこだわって審査をします。

以上の事から、申し込めば確実に通る。

という風な単純なものではありません。

通らない方ももちろんいらっしゃいます。

ありがちな基準は、勤続年数3年以上・年収は300万以上が最低の判断基準ラインと言われています。

これから、新築または中古の家を購入される方で親戚や家族にお金をももらって支払いに充てていく方は、少しでも贈与税について調べておくと安心です。

両親からお金をもらう時に一定の金額を超えると発生する税金で、例を挙げると年間で110万円を超えるお金をもらった場合、およそ1割を税金として納めなければなりません。

逆に言えば、これ以下の金額であれば申告する必要はありません。

65歳以上の親から2500万以下の援助であれば控除されるので支払いを上手に済ませるためにもこうした内容も確認しましょう。

税金についてもう少し、調べておくと良いですね。

夢の私邸を建てるため住宅ローンを申し込んだけど、本審査で落ちたという方が意外にも多いのをご存知ですか。

原因はいくつかあるので詳しくみていきましょう。

400万以上の年収であるかが一つの大きなポイントになります。

申請者の健康状態はどうか勤続年数に問題はないかも問われます。

クレジットカードの支払いが遅れたことがある方は、審査落ちになってしまう可能性がとても高いです。

これらに思い当たるふしがないという方は、もう一度過去の記録を見返すなどチェックしてみましょう。

スムーズに審査に通るためにも事前の準備と下調べが必要です。


Copyright (C) 審査が甘い住宅ローンは?おすすめの銀行の探し方 All Rights Reserved