油断できない住宅ローンの本審査

住宅ローンの
仮審査と本審査

住宅ローンの本審査はチェックが厳しい

ローンの仮審査と本審査について少し。基本的に仮審査を通れば本審査に落ちることは殆どないと言われています。しかし、これは絶対ということではないので気をつけてほしいと思います。尚、新築住宅やマンションの場合、ローンの仮審査と本審査まである程度の期間があくことがあります。その間に、融資申込者の状況が大きく変わったという場合は注意しないと落ちる可能性が高くなるかもしれません。退職、新しいローンなど、住宅ローンの返済に関わって来るだろうと考えられるものは本審査に悪影響を与えるので気をつけてほしいです。

 尚、仮審査時に虚偽申告をしている場合、そこでばれなくても本審査でばれると思います。そうなるとマイナスになるので虚偽申告だけは止めましょう。仮審査でばれなかったのは、その時点では申込者の申告内容を判断するだけで真偽を確かめることはしないからです。しかし、本審査では厳しくチェックされるので分かってしまいます。それから、仮審査は金融機関が行うもので本審査は保証会社が行うものです。保証会社は、融資申込者が返済出来なくなった場合、自社が弁済する必要がある為、チェックはとても厳しいものになります。ですから、仮審査で通って本審査で落ちるということもあるんです。

念願だったマイホームを購入してから数年で、病気やガンにかかってしまった時は、どう対処すべきでしょうか。

多くの場合、団体信用生命保険も一緒に入るはずなので契約をしているご主人が死亡すると、お金が振り込まれます。

申請した内容にがん保険が入っている場合もありますが、種類によっては含まれないものもあるので気をつけましょう。

それから全く同じように見えても判断された時から始まるものと、期限や条件付きで保証金が出る場合があります。

このような保証も月々でみるとそれほど大差はないので、このような場合に備えて保険内容も確認しておくと安心ですね。

審査が甘い住宅ローンの支払いを長い間していると思いもよらない現金が手に入る事もあるかと思います。

その様な時は是非、繰り上げ返済を検討してみてください。

繰り上げ返済は月々の支払いとは別のもので、まとまった金額を返済する事です。

繰り上げ返済をすると、ローンの元の金額を減らす事ができますので、借入額を減らす事ができます。

借入額が減る。

という事は、月々の返済額も減る。

という事です。

繰り上げ返済には手数料がかかる銀行とかからない銀行があります。

これから住宅ローンを組む予定のある方は、借入れ以外で必要な経費はいくらなのか把握しておきましょう。

全体の約10%が手数料としてかかるようです。

ネットでも評判の金利の安い銀行で申し込んではみたものの、借入れした金額に計算していなかった諸費用を合わせてみたら、評判ほど安くならずに残念だったという方もいます。

それで手数料も合わせた総返済額がいくらになるのか、これらを総合的に計算してみる必要があります。

例えばですが、保証料や初期手数料が無料の銀行では他の面で高くつく場合があるので注意が必要です。

これから住宅ローンを組む方も、既に申し込んでいる方も誰でも聞くだけで10年後に得するかもしれないこれを見たらすぐに実行したくなる節税の方法をご案内します。

申込みをされた方は年間で約30万円の節約も可能なので、途中からでも申込み出来るのか聞いてみましょう。

条件としては、自分の住むための家を新しく建てた方、それから、住んでいる家を改装した方が対象になります。

そして最低でも10年以上のローン期間があることが条件です。

今挙げたもの以外でも様々な決まりがあるので、しっかり確認して税金を減らして他の事にお金を使えるようになると良いですね。

マイホームが欲しい!と思ったとき資金関係で役立つのは住宅ローンです。

申請方法は、銀行・信用金庫から出来ますが家を購入する際は不動産屋に足を運ぶ方が多いと思うので不動産屋と提携している金融機関に申請しても良いでしょう。

返済期間に関しては人それぞれになりますが一番長いもので最長35年が選べます。

とはいえ、年齢によっては35年を選べない場合もあります。

たいてい40歳以上の方の申し込みの場合から難しいケースが多くあるようです。

最近では様々な住宅ローンの商品が出回っており、人気の会社の商品はどれなのかを知らない為に、迷っているという方がとても多いのが現状です。

そのような場合にスペシャリストであるアドバイザーに相談し、借金をするやり方もありますがその分、費用もかかります。

ただ私達はこれから利息を払い続ける立場ですので、相談料を支払ってまで意見を聞きたいという方は少ないようです。

FPの資格を持ちながら仲介者として働く方も多いので、プロの意見を無料で聞く事が出来るので便利です。

自分で出来る範囲で勉強しておくといいですね。

家を購入しようとしたときに最初に来る難関は現金調達の事でしょう。

たいていの方は、銀行や信用金庫などから審査が甘い住宅ローンの申し込みをすると思います。

ローンを申し込むときは、一番稼ぎがある方の名前で申請しなければいけません。

支払が生じる期間は人によっては35年もありますので銀行側も何かあった場合の備えとして団体信用生命保険の申し込みも一緒にお願いされます。

この保険は、申請者に何かあった場合借金がなくなる。

という保険です。

マイホームを持つ。

というのはあこがれるものですよね。

だけども、マイホームの購入はかなり大きな出費になります。

なので、すぐに支払いをする。

という様なことはまず難しいでしょう。

では、審査が甘い住宅ローンを組むとき、どこから借金をするのか?一番いい方法は銀行または信用金庫がおすすめです。

参考:住宅ローン審査基準が甘い銀行は?審査通りやすい?【年収の基準】

借金したいところを自分で選んでも良いのですが銀行と不動産屋が協力している場合もあるので、不動産屋の担当者の人に託しても良いでしょう。

数年後に、ローンを組んで家族と住むための家を購入したい方は融資を受けたお金をどれ位の期間で完済するのか相談しましょう。

原則として、決められた期間で申し込むのですが現実のところ、期間いっぱいかかる方は少数のようです。

多くの方が、10年以内に返済することを目標としています。

思わぬ臨時収入が入った場合に、まとめて返したい時は繰上げ返済時の手数料が0円の銀行を選ぶとお得です。

今の収入や生活状況をしっかり把握した上で、日々の生活が圧迫されないような金額設定が大事です。

まずは口コミや評判なども参考にすると良いですね。

今、注目の住宅ローンを選択しようか迷っている方も多いのですがそれよりも固定金利か変動金利かで迷っている方が多数なのです。

というのは、固定の場合決まった金額を支払えばよいので気になった時に、返済額を確認出来るという利点があるからです。

しかし、変動は毎月の返済金額が異なるために生涯、返すべき金額を計算出来ないというデメリットがあります。

それでも、今は低金利といわれる時代のせいか全体の約40%の方が利用しているというデータがあります。

是非、今後の金利動向をしっかり把握しながら将来の負担を軽くするために今から出来ることを始めましょう。

 


Copyright (C) 審査が甘い住宅ローンは?おすすめの銀行の探し方 All Rights Reserved